あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP ≫ 坂東三十三観音
TAG ≫ 坂東三十三観音

慈恩寺(じおんじ) 慈恩寺観音 坂東三十三観音第12番

CIMG8612.jpg

■山号 華林山(かりんざん)
■宗派 天台宗
■本尊 千手観世音菩薩
■開基 慈覚大師
■創建 天長元年(824)

慈恩寺は、華林山最上院ともいい、天長元年(824)に慈覚大師によって開かれた天台宗の古刹です。江戸時代には徳川家康から寺領100石を拝領していたこともあり、坂東三十三ヶ所観音霊場の十二番札所でもある。



慈恩寺御朱印
坂東三十三観音 第12番の御朱印
御朱印を待つ間、お茶を入れて頂きました。
御朱印集めを始めてまだ日が浅いですが、こういうこともあるのですね。
ご馳走様でした。



東武野田線「豊春駅」より道なりで真っ直ぐ分かりやすいです、25分歩きますけど。
健康のためにあるきましょう~っと。



CIMG8613.jpg
山門
元禄4年(1691)建立と伝えられてるそうです、
と、他で見た写真と、ちょっと違う!
あー、見て左側、何年か前まではあったところがない!
保存するのって大変なんだろうな…。



CIMG8614.jpg
山門を入ると、前に鐘楼、左には藤棚、季節には綺麗に咲くことでしょう。



CIMG8616.jpg
鐘楼



CIMG8619.jpg
本堂



CIMG8617.jpg
南蛮鉄灯篭



CIMG8620.jpg
白馬堂
宝暦年間(1751~1763)奉納された。
この白馬についての記事をどこかで読んだ気がするんですけど、
ネットぐるぐるしても見つけられませんでした。



CIMG8623.jpg
佛足石


思っていたより境内が広く、
人がいなかったせいか静かで落ち着いた感じがとても心地よかった。



玄奘塔へ
さて、ここから約500m離れたところにある玄奘塔に行きます。
なんと、あの玄奘三蔵法師の霊骨がこんな身近に納められてたとは、マジで! な感じです。
その経緯は慈恩寺のHPで。
玄奘三蔵の働きがなかったら、今の仏教は違ったものになったかもしれないわけですから。


のどかな畑のあぜ道を歩いていくと、
ちょっとした小山があり、ぐるっと回ると門が現れる。

CIMG8626.jpg
門をくぐると、



CIMG8628.jpg
高さ18mあまり十三重の石塔が見える。



CIMG8635.jpg
西遊記の三蔵法師は線の細い優男となってますけど、
モデルとなった玄奘三蔵は大男で力持ちだったようですね。



CIMG8634.jpg
マニ車、回しましたよ。



CIMG8637.jpg
亀がいました。
玄奘塔を守ってます。



埼玉県さいたま市岩槻区慈恩寺139   ・最寄駅 東部野田線豊春駅より徒歩25分
http://www.jionji.com/
さいたま市
埼玉の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)

浅草寺(せんそうじ) 浅草観音 坂東三十三観音第13番

浅草寺

■山号 金龍山(きんりゅうざん)
■宗派 聖観音宗
■本尊 聖観世音菩薩
■開基 土師中知(はじのなかとも)、檜前浜成(ひのくまのはななり)、檜前竹成(ひのくまのたけなり)
■中興開山 慈覚大師
■創建 推古天皇36年(628)

宮戸川(今の隅田川)で、檜前浜成・竹成兄弟が、漁の際に投網に入った一体の像が、土地の長である土師中知により聖観世音菩薩とわかり、翌日藜で造った草堂に祀ったのが始まりである。



浅草寺
坂東三十三観音 第13番の御朱印です。
ほんとは江戸三十三観音のものを頂くつもりだったんですが、
家に帰ってから、はれ(゚д゚)と気づきました。ちょー初心者ですね~。
坂東三十三観音も行きますよ。



DSC_0714.jpg
聖観世音菩薩


DSC_0673_20170307151905690.jpg
雷門
節分の日なので賑やかです。


DSC_0675_20170307151906ec1.jpg
仲見世通り


DSC_0677_201703071519089fe.jpg
宝蔵門
年男の行進。


DSC_0729.jpg
後ろ側には大きな草鞋が掛かってる。


DSC_0728.jpg
二天門


東京都台東区浅草2-3-1   ・最寄駅 浅草駅
http://www.senso-ji.jp/
台東区
東京の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)