あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP ≫ CATEGORY ≫ 東京の神社
CATEGORY ≫ 東京の神社

芝大神宮 (東京 港区)



「関東のお伊勢さま」といわれ、敬われてた。 古く歴史があり、東京十社のひとつです。

◆創建 寛弘2年9月16日(1005年10月21日)
◆祭神 天照皇大御神・豊受大御神
◆利益 

-ザックリ-
寛弘2年9月16日(1005年10月21日)、伊勢の内外両宮を勧請して創建。
歴代将軍家・幕府の庇護を受け、社殿の造営・修復等は幕命により執行するとともに、幕府より種々の祈祷依頼があり、大名による参詣等諸侯からも崇敬を受けた。

明治元年11月8日(1868年12月21日)、准勅祭社に指定される。
明治3年9月1日(1870年9月25日)、准勅祭社制度の廃止に伴い、東京府の府社となった。

幾度かの焼失に遭ったのち、
昭和39年(1964年)9月12日に本殿再造営が完工した。
平成17年(2005年)9月16日の例祭では、鎮座1000年を祝う「芝大神宮壱千年祭」を斎行し、併せて社務所等の改築を執り行い、現在の景観となる。



芝大神宮御朱印
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)

芝東照宮 (東京 港区)



四大東照宮の一つといわれてるらしいけど… かわいらしいわね。 神社の方がお掃除してました。

◆創建 
◆祭神 徳川家康公
◆利益 

-ザックリ-
もとは増上寺内の社殿であった。
家康公の寿像を祀る廟は「安国殿」と称された。
安国殿は神仏分離により、増上寺から分かれ東照宮を称す。
昭和20年、戦災により寿像と公孫樹を除いて焼失。
昭和44年(1969)、再建された。



芝東照宮御朱印
お掃除してた方が「御朱印ですか?片付けちゃうのでちょっと待ってください。」と、
「はい、いつまでもお待ちしますぅ」
書いてくれました。上手いです。
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)

小網神社



東京 日本橋にある 戦災に焼け残った 強運の神様!

◆創建 文正元年(1466)
◆祭神 倉稲魂神(うがのみたまのかみ)、市杵島比賣神(いちきしまひめのかみ)(弁財天)、福禄寿
◆利益 強運厄除、商売繁盛、招福開運

-ザックリ-
今からおよそ一千年前、恵心僧都の開基で観世音と弁財天を安置する万福庵があった。
なんだかんだで、文正元年(1466)網師の翁を小網稲荷大明神と称え神社を創建「小網山稲荷院万福寺」と名付ける。
明治6年7月5日、社寺は分離され、小網稲荷神社となる。
現在の社殿・神楽殿は、昭和4年に造営、戦火を免れた。

小網神社御由緒 より抜粋



小網神社御朱印
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)

根津神社 東京十社

CIMG9630_b2.jpg

◆創建 不明
◆祭神 須佐之男命、大山咋命、誉田別命
◆利益 厄災消除、家内安全、諸願成就



根津神社御朱印
 
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)

白山神社 東京十社



◆創建 天暦年間(947~957)
◆祭神 菊理媛尊
◆利益 「和合の神」「縁結びの神」

-ザックリ-
天暦年間(947~957)に加賀一宮白山神社を現在の本郷一丁目の地に勧請したと伝えられる。



白山神社御朱印
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)

花園稲荷神社



赤い鳥居が並ぶ小さな社。

◆創建 不詳
◆祭神 倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
◆利益 縁談・商談・就職

-ザックリ-
古くからこの地に鎮座し、「忍岡稲荷」が正しい名称。 また石窟の上にあったことから俗称「穴稲荷」ともいわれていた。
承応三年(1654)、本覺院の住僧晃海僧正が廃絶していた社を再建し上野の山の守護の神とした。 幕末の激戦地となったが、明治六年再興され、「花園稲荷」と改称された。



花園稲荷神社御朱印
こちらは書置きでシールになっている。 シール、初めてだ。 珍しいよね。
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)

五條天神社



◆創建 
◆祭神 大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命、
◆利益 健康祈願、病気平癒

-ザックリ-
第十二代景行天皇の御代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征伐の為、上野忍が岡を通った時、薬祖神(上記の二柱)の大神に御加護を頂いた事を感謝し、この地に両神をお祀りした(約1890年前)。

社地は創祀以来、天神山(今の摺鉢山)瀬川屋敷(アメヤ横丁入口)他、幾度か変遷を重ね、昭和三年九月に創祀の地に最も近い現地(花園稲荷神社隣り)に遷座になった。



五條天神社御朱印
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)