あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP ≫ CATEGORY ≫ 千葉の神社
CATEGORY ≫ 千葉の神社
      

葛飾八幡宮



◆創建 寛平年間(889~898)
◆祭神 息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)(神功皇后)、誉田別命(ほむだわけのみこと)(応神天皇)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)
◆利益 厄除開運・安産・育児守護

-ザックリ-
宇多天皇の勅願により下総の国総鎮守八幡宮として鎮座、下総の国における葛飾文化、八幡信仰の中心となる。
平将門の奉幣、源頼朝の社殿改築、太田道灌の社壇修復、徳川家康の御朱印地社領五十二石の寄進等、その信仰は篤く、応仁店の事蹟により、文教の祖神、殖産興業、農業守護の神として信仰を集める。



葛飾八幡宮御朱印
千葉の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)