あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年03月
ARCHIVE ≫ 2017年03月

岩槻大師 喜多向き不動尊 関東三十六不動第31番

DSC_0774_20170331163644d8f.jpg

■山号 光岩山 釈迦院 彌勒密寺
■宗派 真言宗
■本尊 喜多向き不動尊
■童子 戒光慧童子(かいこうえどうじ)
■開基 開成和尚
■創建 宝亀五年(774)

光仁天皇の皇子桓武天皇の兄である開成和尚が、この地で里人が見つけた弥勒菩薩をお堂に安置されたのが始まり。その後、弘法大師が巡錫の折り開成和尚の開創と知った破れかけた小堂を修繕し、不動明王を謹刻し、立派な一寺とした。



岩槻大師御朱印長

酉年守り本尊のお不動さま、今年は12年に一度の総開帳なのですと。
御朱印は、バインダー式の御朱印帳に挟み込むタイプです。


東武野田線「岩槻駅」から歩いて15分。
スマホを見ていくとくねくね寺院の裏手に出てしまいました。
じつは、駅から国道399号線を122号線に向かい交差点を右に真っ直ぐ入口看板があるので左に曲がると正面に見えてきます、分かり易かったですね。



DSC_0772.jpg
見えてきました、総門です。



DSC_0773.jpg
本堂
中に入ってお参りします。



DSC_0779.jpg
写経剃髪殿の周りに、関東三十六不動の童子がいます。



埼玉県さいたま市岩槻区本町2-7-35   ・最寄駅 東武野田線 「岩槻駅」
http://www.evam.ne.jp/iwatukidaishi/
さいたま市
埼玉の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)

喜多院(きたいん) 川越大師



■山号 星野山(せいやさん)
■宗派 天台宗
■本尊 阿弥陀如来
■開基 慈覚大師
■創建 天長7年(830)

平安時代、淳和天皇の勅により天長7年(830)、慈覚大師により創建された勅願所。
現在ある建物は、山門を除き、寛永15年(1638)1月の川越大火で焼失したのちに再建されたもの。



喜多院御朱印


仕事が早く終わったので、御朱印貰いに巡りました。
久しぶりのまとまった雨です、休みの日だったら出かけませんね。

西武新宿線の「本川越駅」から歩いて10分くらい。



DSC_0766.jpg
山門
これが先の川越大火を免れた山門。



DSC_0770.jpg
桜の蕾がほんのり色づいてます。 もうちょっとしたら綺麗に咲くでしょう。
向うにあるのは寺務所で、こちらから拝観します。400円。
御朱印もこちらでね。



DSC_0771.jpg
五百羅漢
拝観コースは、客殿・書院・庫裡・慈恵堂(本堂)・五百羅漢となってます。
五百羅漢も雨に濡れちゃってます。

境内、広いです。
客殿や書庫には家光誕生の間や春日局化粧の間などがあり、庭園もとても良い。
雨の日だと写真もあまり撮れないので、また天気の良い日来ましょう と思います。



埼玉県川越市小仙波町1-20-1   ・最寄駅 西武新宿線「本川越駅」
http://www.kawagoe.com/kitain/
川越市
埼玉の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)

慈恩寺(じおんじ) 慈恩寺観音 坂東三十三観音第12番

CIMG8612.jpg

■山号 華林山(かりんざん)
■宗派 天台宗
■本尊 千手観世音菩薩
■開基 慈覚大師
■創建 天長元年(824)

慈恩寺は、華林山最上院ともいい、天長元年(824)に慈覚大師によって開かれた天台宗の古刹です。江戸時代には徳川家康から寺領100石を拝領していたこともあり、坂東三十三ヶ所観音霊場の十二番札所でもある。



慈恩寺御朱印
坂東三十三観音 第12番の御朱印
御朱印を待つ間、お茶を入れて頂きました。
御朱印集めを始めてまだ日が浅いですが、こういうこともあるのですね。
ご馳走様でした。



東武野田線「豊春駅」より道なりで真っ直ぐ分かりやすいです、25分歩きますけど。
健康のためにあるきましょう~っと。



CIMG8613.jpg
山門
元禄4年(1691)建立と伝えられてるそうです、
と、他で見た写真と、ちょっと違う!
あー、見て左側、何年か前まではあったところがない!
保存するのって大変なんだろうな…。



CIMG8614.jpg
山門を入ると、前に鐘楼、左には藤棚、季節には綺麗に咲くことでしょう。



CIMG8616.jpg
鐘楼



CIMG8619.jpg
本堂



CIMG8617.jpg
南蛮鉄灯篭



CIMG8620.jpg
白馬堂
宝暦年間(1751~1763)奉納された。
この白馬についての記事をどこかで読んだ気がするんですけど、
ネットぐるぐるしても見つけられませんでした。



CIMG8623.jpg
佛足石


思っていたより境内が広く、
人がいなかったせいか静かで落ち着いた感じがとても心地よかった。



玄奘塔へ
さて、ここから約500m離れたところにある玄奘塔に行きます。
なんと、あの玄奘三蔵法師の霊骨がこんな身近に納められてたとは、マジで! な感じです。
その経緯は慈恩寺のHPで。
玄奘三蔵の働きがなかったら、今の仏教は違ったものになったかもしれないわけですから。


のどかな畑のあぜ道を歩いていくと、
ちょっとした小山があり、ぐるっと回ると門が現れる。

CIMG8626.jpg
門をくぐると、



CIMG8628.jpg
高さ18mあまり十三重の石塔が見える。



CIMG8635.jpg
西遊記の三蔵法師は線の細い優男となってますけど、
モデルとなった玄奘三蔵は大男で力持ちだったようですね。



CIMG8634.jpg
マニ車、回しましたよ。



CIMG8637.jpg
亀がいました。
玄奘塔を守ってます。



埼玉県さいたま市岩槻区慈恩寺139   ・最寄駅 東部野田線豊春駅より徒歩25分
http://www.jionji.com/
さいたま市
埼玉の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)