あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年08月
ARCHIVE ≫ 2018年08月

五百羅漢寺



東京 目黒にある らかんさん集団

■山号 天恩山
■宗派 単立
■本尊 釈迦牟尼仏  (拈華微笑)
■開基 鉄眼道光 禅師
■創建 元禄8年(1695年)  武蔵国南葛飾郡西葛西領亀戸村 本所五ッ目堅川の南 (現 東京都江東区大島三丁目 付近)

-ザックリ-
松雲元慶の手により十数年(1691~1710)かけて彫像された木造五百羅漢像・諸仏像は東京都重要文化財に指定されている。(現存305体)
明治41年(1908)、本所五つ目(現在の江東区大島)から目黒に移転。
昭和54年(1979)、日高宗敏貫主によって再建計画が立てられる。
昭和56年(1981)、現在のお堂が完成。

五百羅漢寺プロフィール



五百羅漢_御朱印戌年

「威徳声尊」 いとくしょうそん

戌年にちなみ、平成30年限定のご朱印です。
自信と説得力にみちた声、という意味。
「威」は、おんなへんに「戌」というつくりでできているため今年の羅漢さんに指定。


というわけで、今年の御朱印です。
東京の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)

瀧泉寺(目黒不動尊) 関東三十六不動第18番/江戸三十三観音第33番/江戸五色不動



えっと… こんな 立派なんだ…   の東京 目黒のお不動さん

■山・院・寺号 泰叡山(たいえいざん) 瀧泉寺(りゅうせんじ)
■宗派 天台宗
■本尊 不動明王
■童子 利車毘童子(りしゃびどうじ)
■開基 慈覚大師円仁
■創建 平安時代808年(大同3年)

-ザックリ-
慈覚大師円仁が十五歳の時、夢に現れた不動明王の尊像を彫刻して安置する。
唐の長安の青龍寺にて拝した尊像が、夢に現れた不動明王に酷似していることに驚き、帰朝したのち目黒の地に堂宇を建設することになる。



目黒不動尊_36不動御朱印
△関東三十六不動第18番の御朱印
東京の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)

最勝寺(目黄不動尊) 関東三十六不動第19番/江戸五色不動

DSC_0073_b.jpg

蓮の鉢の中にはメダカが スイスイ~   東京 江戸川にある目黄不動尊

■山・院・寺号 牛宝山 明王院 最勝寺(さいしょうじ) 目黄不動尊
■宗派 天台宗
■本尊 釈迦如来・不動明王
■童子 法挟護童子(ほうきょうごどうじ)
■開基 慈覚大師円仁
■創建 貞観二年(860)

-ザックリ-
天平年間(729~66)、良弁僧都が、夢に現れた不動明王のお告げにより三体のお姿を刻み一宇を建立。
後、最勝寺の末寺で、もと本所表町にあった東栄寺の本尊ととして祀られる。
三代将軍家光公により、府内五色不動の「黄目不動」として江戸の鬼門除けを祈願された。
その後、東栄寺は廃寺になり最勝寺に遷座された。



目黄不動尊御朱印
△関東三十六不動第19番の御朱印
東京の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)

小網神社



東京 日本橋にある 戦災に焼け残った 強運の神様!

◆創建 文正元年(1466)
◆祭神 倉稲魂神(うがのみたまのかみ)、市杵島比賣神(いちきしまひめのかみ)(弁財天)、福禄寿
◆利益 強運厄除、商売繁盛、招福開運

-ザックリ-
今からおよそ一千年前、恵心僧都の開基で観世音と弁財天を安置する万福庵があった。
なんだかんだで、文正元年(1466)網師の翁を小網稲荷大明神と称え神社を創建「小網山稲荷院万福寺」と名付ける。
明治6年7月5日、社寺は分離され、小網稲荷神社となる。
現在の社殿・神楽殿は、昭和4年に造営、戦火を免れた。

小網神社御由緒 より抜粋



小網神社御朱印
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)