あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年09月
ARCHIVE ≫ 2018年09月
      

≪ 前月 |  2018年09月  | 翌月 ≫

深川不動堂 関東三十六不動第20番



江戸の成田不動、 東京 深川にある深川不動堂

■山・院・寺号 成田山 新勝寺東京別院
■宗派 真言宗 智山派
■本尊 大日大聖不動明王
■童子 因陀羅童子(いんだらどうじ)
■開基 元禄十六年(1703)
■創建 

-ザックリ-
元禄十六年(1703)、成田山江戸開帳が執行された。この出開帳が終わり直ちに御分霊を本山から勧請して「成田山御旅宿」と称する。
明治元年(1868)、神仏分離令により、本尊は富岡八幡社内より深川永代寺の中の吉祥院聖天堂に移転。翌年には現在地に遷座。
明治十一年(1878)、「成田山御旅宿」を「成田山深川不動堂」と改称。
明治十四年(1881)、本堂が完成。



深川不動尊御朱印20番
関東三十六不動第20番の御朱印
東京の寺院 | Comments (1) | Trackbacks (-)

深大寺



東京 調布の 蕎麦とともにあるお寺 美味しい…

■山号 浮岳山 昌楽院
■宗派 天台宗
■本尊 釈迦如来(白鳳佛) 宝冠阿弥陀如来 元三大師(秘仏)
■開基 満功上人
■創建 天平五年(733) 「深沙大王」を祀る寺

-ザックリ-
・満功という僧が、両親の恋の仲立ちをして頂いた「深沙大王」(水の神様)を祀ったのが始まり。
・貞観年中(860年頃)法相宗を改め天台宗となる。
・正暦二年(991) 慈恵大師良源大僧正(通称「元三大師」)の自刻像が叡岳より遷座される。
・生長年中(1428頃)、天文年中(1550頃)伽藍を焼失。世田谷の吉良家が再興を行い、小田原北條家は深大寺の外護者として結びつきがあった。
・やがて、小田原北條家・吉良家が亡び存亡の危機を迎えるが、徳川家康公により領地の寄進を受けのち繁栄する。
・慶応元年(1865)、またもや深大寺諸堂、炎上する。
・慶応三年(1868)、元三大師堂が再建。
・大正時代、本堂再建。



深大寺御朱印
他 3種類の御朱印をいただきました。
東京の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)