あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年11月
ARCHIVE ≫ 2018年11月
      

≪ 前月 |  2018年11月  | 翌月 ≫

東京国立博物館 -京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ-



大報恩寺とは
1200年に義空上人によって発願された真言宗智山派の寺院で、2020年に開創800年を迎える。京都では「千本釈迦堂」の名で知られている。本堂は、応仁の乱をはじめとする幾多の戦火を免れ、洛中最古の木造建築物として国宝に指定されている。』
とあります。



そちらの仏像が、東京国立博物館にやって来ました。2018年10月2日(火)〜2018年12月9日(日)
御朱印も頂けるということで、行ってまいりました。
その他 | Comments (0) | Trackbacks (-)

築地本願寺 -東京 築地-



えっ お寺? と思える、インドの古代仏教建築を模してる。 ステキ。

■山・院・寺号 築地本願寺
■宗派 浄土真宗本願寺派
■本尊 阿弥陀如来
■開基 
■創建 

-ザックリ-
1617(元和3)年、第12代宗主准如上人によって、浅草横山町に坊舎が建立。
1625(寛永2)年、本願寺の別院として江戸幕府から公認された。
1657(明暦3)年、「明暦の大火」と呼ばれる大火事で坊舎を焼失。
1679(延宝7)年、築地に移転し「築地御坊」として再建される。
1923(大正12)年、関東大震災にともなう火災により再び本堂を焼失。
現在の本堂は1934(昭和9)年に再建されたもの。



浄土真宗は、御朱印がありません。
南無阿弥陀仏と唱えれば皆救われるので、写経を納めることが無くその証として頂く御朱印は無いわけです。
東京の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)

波除神社 -東京 築地-

CIMG0100_b.jpg

築地市場の端っこにあり、人や車が多く行きかいます。

◆創建 万治年間(1658~1661)
◆祭神 倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
◆利益 衣食住・殖産工業・商業の守り神

-ザックリ-
築地一帯の埋め立てが進められた万治年間、波浪により工事が難航を極めた際、海中に漂う稲荷明神の像を祀ったところ波浪が治まり、埋め立て工事が無事完了したといわれている。

現在の社殿は昭和12年にできたもので、伊勢神宮(外宮)と同じ神明造り、国産の檜が使用されている。



波除神社御朱印
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)