あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年01月
ARCHIVE ≫ 2019年01月
      

≪ 前月 |  2019年01月  | 翌月 ≫

東京大神宮  -東京 千代田区-


「東京のお伊勢さま」と呼ばれる神宮。

◆創建 明治13年
◆祭神 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、豊受大神(とようけのおおかみ)
◆利益 縁結び・家内安全・厄除け開運・交通安全・学業成就

-ザックリ-
明治の新国家が誕生した時、伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建された。



東京大神宮御朱印
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)

築土神社(つくどじんじゃ)  -東京 千代田区-

CIMG0191_b.jpg

◆創建 940年(天慶3年)
◆祭神 天津彦火邇々杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)
◆利益 工事安全、子孫繁栄

-ザックリ-
940年(天慶3年)6月、関東平定後、藤原秀郷らの手で討たれ京都にさらされた平将門公の首を首桶に納め密かに持ち去り、これを武蔵国豊島郡上平河村津久戸(現・千代田区大手町周辺)の観音堂に祀って津久戸明神と称したのが始まり。
その後、なんだかんだあり、幾度の移転・改称を経て現在に至る。

築土神社HP御由緒には、当時の絵図や写真とともに、詳しく書いてある。



築土神社御朱印
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)

靖國神社  -東京 千代田区-

CIMG0170.jpg
拝殿中門鳥居 (中門鳥居は埼玉県産の檜で平成18年(2006)に建て替え。)


◆創建 明治2年(1869)「招魂社」に遡り、明治12年(1879)「靖國神社」と改称。
◆祭神 嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役、西南の役、日清戦争、日露戦争、満州事変、支那事変、大東亜戦争、などの国を守るために命を捧げられた二百四十六万六千余柱の英霊
◆利益 


『身分や勲章、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊として斉しくお祀りされています。』
とあります。
亡くなったかたは皆、神様になる というのが日本人の考え方。
日本の総理大臣が終戦の日に参拝するのは普通のことだと思うけど、
なんで中国や韓国がブーブー言うのか、
日本の政治家がオタオタしてるのか分かりませんね。



靖国神社御朱印
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)