あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP東京の寺院 ≫ 大安楽寺(だいあんらくじ) 江戸三十三観音第5番

大安楽寺(だいあんらくじ) 江戸三十三観音第5番


:東京都中央区日本橋小伝馬町3-5

■山・院・寺号 新高野山
■宗派 高野山真言宗
■本尊 弘法大師
■開基 山科俊海大僧正
■創建  1872年(明治5年)

-ザックリ-
江戸伝馬町の牢屋敷処刑場跡にさまよえる霊を感じた山科俊海大僧正が発願し、
慰霊のため建立された寺。
当時の寺は関東大震災で焼失、現在の寺は昭和3年(1928)に再建されたもの。



大観音寺から来ると小伝馬町駅に向かって真っすぐ歩いて10分ほど。
処刑跡地、さまよえる霊、
あの吉田松陰も処刑されたとのこと。
気が重くなったらどうしよう… と思いつつも、
ちょうどお昼時だったせいか、向かいにある十思公園にはスマホ片手にサラリーマンの人たちが休憩している。
前の道は人通りも多く、お天気もそこそこよくて、
あっ そんな暗い感じじゃないんだなと。


境内は小さい。都会だからね。
本堂はガラス戸になって、覗くとたぶんいらっしゃるんでしょう観音様。
見えない…。



大安楽寺本尊
いらっしゃるのは十一面観世音菩薩、御朱印と一緒に御影をいただいた。




大安楽寺御朱印
十一面観世音菩薩御朱印




CIMG0396.jpg
こちらは江戸八臂弁財天
八本の腕がある。
目が力強い。綺麗な弁財天だ。




CIMG0395.jpg
ということで、
北條政子の発願で作られ、なんと体内には三体のミニ弁財天が収められてるとある。



ガラス。 多いねガラス。
映った自分の顔を見てもしょうがない。
こちら側が映らないガラスないのかなぁ。




CIMG0399.jpg
弁財天使神
おー 蛇だ。
ご利益ありますように、ナデナデ…。




大安楽寺弁財天





大安楽寺
東京都中央区日本橋小伝馬町3-5
・日比谷線「小伝馬町駅」4番出口より徒歩2分

大安楽寺地図

東京の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする