あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP東京の神社 ≫ 亀戸香取神社  スポーツ振興の神

亀戸香取神社  スポーツ振興の神

CIMG8701_20170507233857402.jpg

◆創建 天智天皇4年(665)
◆祭神 経津主神(ふつぬしのかみ)
◆利益 スポーツ上達、必勝祈願、航海安全、交通安全、開運招福、災害除け

天智天皇4年(665)、藤原鎌足公が東国下向の際、この亀の島に船を寄せられ、香取大神を勧請され太刀一振を納め、旅の安泰を祈り神徳を仰ぎ奉りましたのが創立の起因です。
天慶の昔、平将門が乱を起こした際、追討使俵藤太秀郷はこの香取神社に参拝し戦勝を祈願しました。乱はめでたく平定することができ、神恩感謝の奉賓として弓矢を奉納、勝矢と命名されました。
この古事により、1000年の時を経て今も「勝矢祭」が守り伝えられています。 歴代の天皇をはじめ源頼朝、徳川家康などの武将達、また剣豪塚原卜伝、千葉周作をはじめとする多くの武道家達の篤い崇敬を受け、 武道修行の人々は香取大神を祖神と崇めていました。
このような由来から、亀戸 香取神社は「 スポーツ振興の神」として、スポーツ大会・試合の勝利を願う多くの参拝者が訪れ篤い祈りを奉げています。

亀戸 香取神社HPより引用


香取神社御朱印



CIMG8690.jpg
JR亀戸駅より歩いて10分ほど、参道が見えたので入っていく。



CIMG8691.jpg
先に亀戸天神に行くことにしていたんですけどね、
人少ないねぇ、藤 無いし? って、こちら香取神社でした。

もちろん、こちらも来る予定でしたから良かったです、
そっか、亀戸天神はもっと行ったところでしたね。
子供のころ母に連れられて来た記憶が曖昧でした。



狛犬1
狛犬



CIMG8694.jpg
手水舎の横に亀戸大根の碑、デカ。
江戸末期に栽培が始まった亀戸大根、今はほとんど見かけないです。
ぜひ復活させて欲しいと思います。
「亀戸大根って?」



CIMG8706.jpg
拝殿



CIMG8702.jpg
勝石
パワースポット、触れると勝運があがります、
思いっきり触ってきました。



CIMG8708.jpg
恵比寿様、大黒様の石像
井戸の聖水を掛けながら、どうか健康でありますように とお詣りします。



末社
CIMG8695.jpg



CIMG8698.jpg



お狐
精悍な感じ、ちょっと犬っぽいか。

思ったより見どころのある神社でしたね。



東京都江東区亀戸3-57-22   ・JR総武線、東武亀戸線 亀戸駅より徒歩10分
http://katorijinja.jp/
江東区
東京の神社 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする