あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP東京の寺院 ≫ 五百羅漢寺

五百羅漢寺



東京 目黒にある らかんさん集団

■山号 天恩山
■宗派 単立
■本尊 釈迦牟尼仏  (拈華微笑)
■開基 鉄眼道光 禅師
■創建 元禄8年(1695年)  武蔵国南葛飾郡西葛西領亀戸村 本所五ッ目堅川の南 (現 東京都江東区大島三丁目 付近)

-ザックリ-
松雲元慶の手により十数年(1691~1710)かけて彫像された木造五百羅漢像・諸仏像は東京都重要文化財に指定されている。(現存305体)
明治41年(1908)、本所五つ目(現在の江東区大島)から目黒に移転。
昭和54年(1979)、日高宗敏貫主によって再建計画が立てられる。
昭和56年(1981)、現在のお堂が完成。

五百羅漢寺プロフィール



五百羅漢_御朱印戌年

「威徳声尊」 いとくしょうそん

戌年にちなみ、平成30年限定のご朱印です。
自信と説得力にみちた声、という意味。
「威」は、おんなへんに「戌」というつくりでできているため今年の羅漢さんに指定。


というわけで、今年の御朱印です。



五百羅漢_御朱印
通常の御朱印




目黒不動尊の仁王門を出て左、道なりに少し歩くと到着。




獏王像
頂いたリーフレットよりスキャン。


羅漢とはお釈迦様の弟子で実在した人々。
修行を積んで聖者になり、お釈迦様の教えを後世の人々に伝えていった人たち。


五百羅漢像の圧倒さ、一人の仏師の情熱です。
これは実物を見ないと。


また、羅漢堂中央にいる羅睺羅尊者(らごらそんじゃ)は衝撃でした、(*゚Q゚*) 
わが身の腹を開き、中にはお釈迦様の顔がある。

『仏はここにいる』

ということらしいです。


一見、ゾゾッとしましたが、意味が分かると、
なるほど、まんまの表現なのね、深いわぁ。


すべての羅漢像にお参りすると、亡くなった人の縁者に出会えるとか…。
いやぁ なかなか ですわね。




それから獏王像
獏王は悪い夢を食べてくれ、そしていい夢を与えてくれるんですって。


目が顔に三つ横腹に三つづつ計九つ。
背中には角みたいのんがあって、尻尾らしきものもあり、
その姿を見て、一瞬ギョッとしましたが、
なんでしょ、よくよく見ていると、異様過ぎると却って気が惹かれる感じ みたいな感じ (´∀`*;)ゞ
結構気に入ってしまいましたとさ。




CIMG9721.jpg
本堂です。
釈迦如来と弟子の羅漢たちが並んでいます。




五百羅漢寺_御朱印帳
御朱印帳
夏限定の御朱印帳です。
アジサイはもう時期外れと思いましたが、綺麗だったのでこちらにしました。
…そうだ 獏王の御朱印帳とかいいと思うなぁ…




押さえ紙
御朱印の押さえ紙、 おっ と思いますね (゚∀゚)




五百羅漢寺HP
東京都目黒区下目黒3-20-11   ・東急目黒線「不動前駅」より徒歩10分

五百羅漢寺地図

東京の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする