あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOP東京の寺院 ≫ 深大寺

深大寺



東京 調布の 蕎麦とともにあるお寺 美味しい…

■山号 浮岳山 昌楽院
■宗派 天台宗
■本尊 釈迦如来(白鳳佛) 宝冠阿弥陀如来 元三大師(秘仏)
■開基 満功上人
■創建 天平五年(733) 「深沙大王」を祀る寺

-ザックリ-
・満功という僧が、両親の恋の仲立ちをして頂いた「深沙大王」(水の神様)を祀ったのが始まり。
・貞観年中(860年頃)法相宗を改め天台宗となる。
・正暦二年(991) 慈恵大師良源大僧正(通称「元三大師」)の自刻像が叡岳より遷座される。
・生長年中(1428頃)、天文年中(1550頃)伽藍を焼失。世田谷の吉良家が再興を行い、小田原北條家は深大寺の外護者として結びつきがあった。
・やがて、小田原北條家・吉良家が亡び存亡の危機を迎えるが、徳川家康公により領地の寄進を受けのち繁栄する。
・慶応元年(1865)、またもや深大寺諸堂、炎上する。
・慶応三年(1868)、元三大師堂が再建。
・大正時代、本堂再建。



深大寺御朱印
他 3種類の御朱印をいただきました。



電車で行く場合は、最寄りの駅からバスに乗ります。




CIMG9726.jpg
終点「深大寺」に着くとすぐに参道。
お蕎麦屋さん、お土産屋さんがズラッと並びます。




CIMG9727.jpg
参道を進むと山門がある。




CIMG9730.jpg
山門
茅葺ですよね、へぇ~ いい感じ。

慶応元年(1865)の大火から免れた、元禄八年(1695)普請の境内最古の建物





CIMG9732_20180911125607ec9.jpg
入って右に鐘楼

明治三年(1870)再建。梵鐘は平成十三年鋳造されたもの。





CIMG9739_201809111256093c2.jpg
本堂
大正時代の再建、立派です。




CIMG9743_201809111256115c5.jpg




ご本尊は宝冠阿弥陀如来像
宝冠阿弥陀如来
*いただいたリーフレットよりスキャン




CIMG9744.jpg
本堂の右側にあるムクロジ(無患樹・無患子)の木
写真中央奥にある木。
よく見ると丸い実が生っていて、その実は羽根突きの玉や数珠に使われんですって。




元三大師堂
CIMG9746.jpg
本堂の左に行くと参詣道標と階段が。 わぁ 草が…




CIMG9748.jpg
元三大師堂
慶応三年(1867)再建。
「深大寺における厄除け信仰の中心」 であると。
元三大師像は、坐像にして2メートルもあるそうです、秘仏ですから。


ここの右隣で御朱印をいただけます。 あぁいますね いただいてる人たち。




CIMG9770.jpg




元三大師御朱印




開山堂
CIMG9750.jpg
元三大師堂の左に参道がある。




CIMG9751.jpg
階段を上っていくと、




CIMG9752.jpg
変わった塀などがあり、




CIMG9753.jpg
開山堂へ到着。
ぐるっと回って、下ります。




延命観音
CIMG9758.jpg
延命観音にたどる道です。
お天気も良く ってか暑いんですけど、
日差しの木漏れ日が輝いて、気持ちいいです。




CIMG9760.jpg





CIMG9759.jpg
延命観音菩薩
分かるかなぁ…




深沙大王堂CIMG9761.jpg
延命観音を過ぎると、深沙大王堂の裏手に出ます。




CIMG9762.jpg
深沙大王堂
水の神様であり、恋の仲立ちをしてくれた神様。




CIMG9763.jpg




深沙大王
*いただいたリーフレットよりスキャン




深沙大王御朱印
深大寺開創1300年記念でいただける、深沙大王御朱印
9月末日までいただけます。




釈迦堂
CIMG9765.jpg
道すがら弁財天池にいたカモ、こっち向いてくれません。




CIMG9767.jpg
釈迦堂




白鳳佛
*いただいたリーフレットよりスキャン
釈迦如来像 
通称:白鳳佛 飛鳥時代・国宝
きれいです~。




白鳳佛御朱印




■御朱印帳
深大寺御朱印帳




深大寺HP
東京都調布市深大寺元町-15-1   
・京王線{つつじヶ丘駅」「調布駅」 JR「吉祥寺駅」「三鷹駅」 各駅よりバス

深大寺地図

東京の寺院 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする