あおい散歩

神社仏閣てくてくと…
TOPその他 ≫ 東京国立博物館 -京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ-

東京国立博物館 -京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ-



大報恩寺とは
1200年に義空上人によって発願された真言宗智山派の寺院で、2020年に開創800年を迎える。京都では「千本釈迦堂」の名で知られている。本堂は、応仁の乱をはじめとする幾多の戦火を免れ、洛中最古の木造建築物として国宝に指定されている。』
とあります。



そちらの仏像が、東京国立博物館にやって来ました。2018年10月2日(火)〜2018年12月9日(日)
御朱印も頂けるということで、行ってまいりました。

CIMG0144_02.jpg




快慶作の『十大弟子像』、定慶作『六観音像』などの仏像が並びます。

で、今回聖観音立像の写真を撮って良いとのことで、皆さんパチパチ撮ってました。
もちろん私もね。




CIMG0139_20181209144102e3f.jpg




CIMG0138_20181209144101051.jpg
カメラも腕もいまいちなのでこんな感じ。
仏像は本当に綺麗でした。




大報恩寺如意輪観音菩薩
こちらは如意輪観音菩薩坐像、ポストカードです。 (写真:小野祐次)
如意輪観音、好きなんで…(*´v`)



大報恩寺釈迦如来



大報恩寺六観音


御朱印は売店で、一種700円で購入できます。
で、ちょっと思ったんですけど、
やっぱ御朱印は、寺院・神社にお参りして頂くものだな と。

頂いた というより、買いました って感じがちょっとね(^^;



展示されてる仏像は素晴らしいが、
思ってたのより規模が小さくて、ちょっと物足りなかったかなぁ…
その他 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする